綾瀬市予防接種情報提供サービス

令和元年・48週~急性脳炎、インフルエンザ、風しん・麻しん~

今週の注目感染症  令和元年・48週(11月25日~12月1日)

~急性脳炎~
脳に急性の炎症が起こり、高熱、意識障害、痙攣などの症状が現れる病気で、原因となる病原体は様々です。
近年、インフルエンザシーズンに急性脳炎の報告が増える傾向がみられています。
今週、県内でもインフルエンザウイルスを原 因とする報告がありました。
インフルエンザによる急性脳炎の予防にはインフルエンザワクチンの接種が有効です。

~インフルエンザ~
今週、全県の定点当たりの報告数は「7.08」となり、前週「3.94」より増加しています。

~風しん・麻しん~
今週、県内で風しんは1例の報告があり、麻しんの報告はありませんでした。


【神奈川県感染症情報センターより参照】
(令和元年12月5日更新)

≪戻る