今週の注目感染症  2021年・15週(4月12日~4月18日)

~破傷風~
今週は全県で1例の破傷風の報告がありました。
破傷風は傷口等から破傷風菌が体内に侵入することで開口障害や嚥下障害、けいれんを引き起こします。
日本ではワクチンが定期接種となっているため発生数は少ないですが、ワクチン接種後10年ほどで効果が低下します。
日常的な予防としてはけがをしないよう気を付けること、泥や唾液で汚染された傷の場合には病院を受診することが重要です。

~新型コロナウイルス感染症~
>>詳細はこちら
今週の報告数は1331例となり、前週941例から増加しています。
神奈川県では、4月21日までを「リバウンド防止期間」とし、外出自粛や営業時間の短縮などの要請を継続しています。
引き続き、3密(密集、密接、密閉)の回避、マスク着用、手指衛生(手洗い、アルコール消毒)などを心がけ、感染拡大を防ぎましょう。


【神奈川県感染症情報センターより参照】
(令和3年4月22日更新)