今週の注目感染症  2021年・14週(4月5日~4月11日)

~結核~
今週は全県で19例の結核の報告がありました。
結核は長く続くかぜに似た症状が特徴的です。
結核は早期に発見すれば内服薬で確実な治療が可能な一方、症状を放置し重症化すると命にかかわる病気です。
2週間以上発熱、咳、鼻汁等の症状が続く場合には病院を受診しましょう。

~新型コロナウイルス感染症~
>>詳細はこちら
今週の報告数は1,000例*となり、前週830例*から増加しています。
神奈川県では、4月21日までを「リバウンド防止期間」とし、外出自粛や営業時間の短縮などの要請を継続しています。
引き続き、3密(密集、密接、密閉)の回避、マスク着用、手指衛生(手洗い、アルコール消毒)などを心がけ、感染拡大を防ぎましょう。
*HER-SYSに登録されたデータの報告日をもとに集計しているため、神奈川県公表の数値とは異なる場合があります


【神奈川県感染症情報センターより参照】
(令和3年4月15日更新)